亀頭に症状が出る性病に効くジスロマックの倦怠感とは

ジスロマックとは抗生物質の一種で、細菌が原因の感染症に効果を発揮する薬です。また副作用も比較的少ないとされているため、安全に服用することのできる薬として治療に広く用いられています。
その用途としては、性感染症であるクラミジアの治療に使用することが多くあります。クラミジアとは、性病を持つ相手とコンドームなどの避妊具を用いずに性交渉を行った場合などに感染し、発症する病気で、男性の場合は尿道から亀頭部にかけて赤くなったり、膿が出たりします。細菌による感染であるために、たとえ一時的に症状が良くなったように見えても細菌が陰茎に残り続けていることがあり、性交渉を行う相手に細菌を移さないためにも、根本的な治療が必要になります。そうした際に、ジスロマックは使用されます。従来、クラミジアの治療には多い服薬回数、長い治療期間が必要であり、そのために治療が続かない患者も多くいたのですが、ジスロマックはたった一度の服用で済み、またその一度の服用で効果は7日間続くので、時間と期間をかけずにクラミジアの治療ができる薬となっています。また、その効果の続く7日間にクラミジアが完治する確率も高いので、クラミジアを治療するのには最適な薬として、広く医療機関でも用いられています。そして副作用も少ないので、ある程度安心して治療には用いることができますが、それでも副作用の心配がないわけではなく、まれに、副作用の現れる場合もあります。最も多い副作用としては下痢が挙げられますが、倦怠感がある場合もあるため、副作用が現れた際には診察を受けた医師に相談することが肝要になります。しかし、他の薬との併用などをしない限りは重篤な副作用の危険はあまりないとされているので、使用に気をつければ健康への心配はないと考えられています。