ジスロマック服用で血尿、断食療法の効果

ヘルペスに感染すると、現在の医療技術では完治させることができません。この感染症を防ぐためには、症状があらわれないように、治療薬を用いて抑えることが重要になります。
水疱瘡や帯状疱疹といった子供でもかかる病気の原因として、ヘルペスがあげられますが、性器ヘルペスという性病も存在します。
性器ヘルペスの治療薬として用いられているのが、ジスロマックです。病院の処方薬として使われており、ヘルペスの症状が重くなる前に服用することで、治療効果が高まるという特徴があります。ちなみに性病に関わらず、水疱瘡や帯状疱疹の治療にも普通に用いられています。
ジスロマックはよく効く治療薬ですが、場合によっては副作用もあらわれます。副作用の代表的な例としては、血尿や吐き気、むくみ、尿の量が少なくなったり、出なくなるなどの急性腎不全があります。血尿などを伴う急性腎不全があらわれる場合には、重い副作用に該当しますので、直ちにかかりつけの病院で診てもらうようにします。
但し、このような重い副作用が出ることは滅多になく、服用量を守っていれば、安全に使用できる治療薬です。
世の中にたくさん存在する治療法の中には、断食療法と呼ばれるものがあります。健康法として利用される例が多くなっています。
身体と心を飢餓状態にし、人が持つ本来の機能を正常な方向へリセットする目的で行われます。
断食療法は間違ったやり方で行うと、健康を阻害しますので、専門的な知識を持つ医師の指導を受けながら実践します。入院して行われることもしばしばあります。
断食療法には色々なやり方がありますが、基本的にはいきなり絶食するのではなく、日数をかけて徐々に食事量を減らすようにします。