クラミジアかも?と思ったら検査キットを使う

今、若者たちを中心に感染者が多い性病、それがクラミジアです。感染力が高く、それでいて症状が乏しいため気づかないままに性交して移してしまうのです。不妊症の大きな原因ともなりますし、HIVというエイズの原因となるウイルスにも感染しやすくなります。非常に危険な病気です。

かゆみや痛み・尿道からの分泌物・おりものの増加など、クラミジアの症状を少しでも感じたら検査キットを使って検査してください。男女で使い方は異なり違った検査キットを取寄せる必要があるので注意してください。膣の分泌液を調べる検査・陰茎表皮擦過検査・尿検査など方法はさまざまです。使い方をきちんと読んで正しく行いましょう。正しい方法で検体を取り、その採取した検体を指定された方法で速やかに返送するようにすれば、最近は検査キットの精度は非常に良くなっており病院で受けるのとほぼ変わりません。それでいて待ち時間もなく自宅で自分の都合の良い時間に検査できますし、プライバシーが保たれるというメリットもあります。

もしも本当にクラミジアに感染していた場合にも、早期発見早期治療であれば薬を服用することで菌を退治することができます。その薬も個人輸入などで手に入れることができます。

クラミジア検査をする方法としては検査キットのほかに、病院と保健所もあります。それぞれを比較して安心なのは、やはり病院でしょう。とはいえ、キットの精度も今ではかなり向上しています。
保健所の場合は無料で検査できるというのがメリットですが、クラミジアなどの検査は必ずHIV検査とセットで受けなければならないケースが多く、単体での検査が難しいです。また後日結果を確認に行く必要がありますし、平日しか空いていないというのは働いている方にとっては調整が大変でしょう。
クラミジア検査キットの結果はすぐにでるので早くその結果が知りたい方にはやはり検査キットがおすすめです。土日祝日関係なく対応してもらえますし、検査スピードも早くて即日その結果が分かるのです。もちろん、匿名性や自宅にいながらにしてできること・気軽さもキットこそがおすすめです。保健所と違って検査費用は発生するものの、病院と比べると安く検査項目も病院と同じようにさまざまあるので、他にも気になる症状を調べることができます。

クラミジアは男女共に感染してしまう病気です。それぞれのメリットデメリットを知ると共に、パートナーも受けやすい方法を選ぶようにして一緒に検査してください。たとえ自身が治療してもパートナーが感染したままだと、当然再発の危険性が高いです。